フォトウェディングで結婚式気分を味わおう

新郎新婦

費用が安い

結婚式を挙げるとなると、費用が高くなりがちです。結婚式を挙げないカップルの中には、結婚式を挙げるための費用を用意できないために諦める方も多いようです。しかし、福岡でフォトウェディングを実施するとなると大体20万円前後ですみます。もしウェディングドレスをレンタルショップからレンタルしたとしても、総額で100万円もいかないでしょう。結婚式はできなくとも、安い費用できちんと残せるのでメリットは大きいです。

時間がなくても大丈夫

多忙で結婚式を挙げることができないという場合でも、フォトウェディングならそれほど時間をかけずに実施することができます。ヘアメイクもしてくれますし、ウェディングドレスを貸し出してくれるところも多いです。何もしなかったとあとで後悔するかたは意外と多いです。そうならないためにも、何かしら思い出に残ることはしておくべきだと言えますね。

前撮りとフォトウェディングの違い

前撮り

結婚式を挙げる前に写真だけ撮ることを指しています。例えば神戸で結婚式を挙げる場合、結婚式当日は思っている以上に忙しいものです。司会者との打ち合わせや会場側との打ち合わせ、ヘアメイクなどやることがたくさんあります。忙しい故に、慌ただしく写真を撮っても満足のいく仕上がりにならない可能性があります。結婚式を挙げる前であれば、時間にゆとりがありますのでゆっくりと写真を撮ることができるのです。

フォトウェディング

結婚式を挙げずに結婚写真だけ撮ることを指します。フォトスタジオで結婚式のように結婚指輪の交換をしたり、様々なロケーションで撮影をしたりできます。大阪在住の人の中には諸事情で結婚式を挙げられないカップルもいるはずです。そのような方はフォトウェディングを実施するとよいでしょう。結婚写真があればご家族の方や友人にも結婚の報告ができますので満足感を得られると思います。

フォトウェディングで必要なもの

  • 結婚指輪
  • ウェディングドレス
  • 下着
  • 予備の靴下
  • 予備のストッキング

フォトウェディングで失敗しないポイント

no.1

どのような写真にしたいのか情報共有する

一番大事なのは二人がどのような写真に仕上げたいのか、イメージを共有することです。二人のイメージが一致していないと理想的な結婚写真が出来上がりません。具体的なイメージの共有ができていれば失敗することはないでしょう。

no.2

思い出のあるアイテムを使用する

お付き合い期間中に色んな思い出を作られていたかと思います。その期間中の思い出を連想させるアイテムがあれば撮影時に使用してみましょう。例えばバドミントンが共通の趣味だった場合に、ラケットを持って撮影するなどです。このような思い出深いアイテムを使えば世界でたった一つのオリジナル感溢れるフォトウェディングになるでしょう。

no.3

スタッフにどのような撮影にしたいのか伝える

打ち合わせの時に、どのようなイメージで撮影してほしいかスタッフへ伝えると思います。そのような時に口頭で伝えるだけではなく、イラストや写真を使って伝えましょう。インターネットなどで、イメージにぴったりな結婚写真があれば、それを用いてスタッフへ説明すると、より伝わりやすくなるでしょう。

フォトウェディングをする前に寄せられるよくある質問

カメラを持参してもいいですか?

持参しても大丈夫です。親族やご友人の方が当日に撮影するケースもよくあります。カメラマンの撮影の妨げにならないよう注意しましょう。撮影の妨げをしてしまうと、納得のいく仕上がりになりません。そのためカメラマンの方に一言断りを入れるようにしましょう。

外で撮影するとして当日の天気が心配です

多くのスタジオが、ロケーション撮影の場合に、撮影日を二日間押さえることになる思います。当日の天気が悪天候の場合は、予備の日に撮影をしますのでご安心ください。