思い出深い挙式にするために!ウェディングドレスをレンタルしよう

ウェディングドレスの種類

Aライン

「A」の形に似ていることからこの名前がつけられました。見た目がシンプルなデザインなので、上品なイメージを作り出すことができます。また身長が高くなったように見える効果もあります。

プリンセスライン

スカートの部分が膨らんだデザインの正にお姫様のイメージのウェディングドレスです。ボリュームある見た目なので、遠くから見ても存在感抜群です。

思い出深い挙式にするために!ウェディングドレスをレンタルしよう

花嫁

希望のドレスのイメージを明確にしておく

ウェディングドレスをレンタルする場合は、ショップへ行く前にどのようなウェディングドレスを着たいのかはっきりとしたイメージを持っておきましょう。多くのレンタルショップのホームページにはウェディングドレスのリストが載っていますので、必ず確認しておきましょう。事前にイメージをはっきりしておくことで、レンタルショップに行って、ドレスを選ぶ時間も省けると思います。

ブーケ

必ず事前に予約する

予約なしでレンタルショップに行って希望のドレスが見つかったとしても、式当日にレンタルされているという可能性も十分に考えられます。そうならないためにも、式の数ヶ月前にレンタルショップで来店の予約をしておきましょう。

ドレス

試着するときに身内にチェックしてもらう

客観的な意見を知るためにも、レンタルショップに行くときは新郎や母親などの身内と一緒に行くようにしましょう。第三者に見せることで、似合っているかどうかの率直な意見を知ることができます。またスマーフォンなどで画像を撮ることで、その場にいなかった家族などにも見せることができ、更に多くの意見を聞くことができますのでおすすめです。